抜け毛が急に増えてきたら注意

AGAは一定の速度で進行するわけではなく、あるとき急激に進行が早まるケースがあります。洗髪後の抜け毛が明らかに異常と思えるほど多かったら、すぐに対策をしないと大量に髪を失います。薄毛に特効薬はないと言われていますが、これは生活習慣・体質の変化に伴って生じるためです。例えば腰痛や肩こりなどは長期間のデスクワークによって発生することが多いですが、AGAは間違ったケアや不規則な生活などが関係しています。

抜け毛は1日に100本抜けたらAGAと言われたりしますが、本数にはあまりこだわる必要はありません。毎日100本くらいの抜け毛があっても、髪のボリュームは普通という方もいます。AGAで注意したいのは抜け毛の変化であり、明らかに増えたとわかる状態なら問題ありです。髪が減ってしまう理由はシンプルで、生えてくるスピードが抜けるスピードに負けてしまうからです。抜け毛が増えたときは育毛剤よりもシャンプーで対策するのが基本となります。頭皮に刺激を与えないアミノ酸系やオーガニックシャンプーを使用して様子を見てみましょう。

かつらをとって坊主にするメリットとは

全女性にとって、薄毛よりもAGAよりも気になるのがかつらをかぶっている男性だと思います。かつらをかぶっている時点で薄毛をかなり気にしていると公言しているようなものですので、かつらをかぶっている男性はすぐに脱いだ方が良いです。そうすればはげているという事実だけになりますが、かぶっているとはげていてしかもそれを気にしている、ということが周囲にばれてしまいます。

 

女性の中には薄毛を全く気にしない人も多いですし、それよりも自分に自信を持ってほしいと思っています。はげていてもモテる人はモテますし、気にする必要はありません。しかしかつらをかぶっていてモテることはかなり難しいです。確率の問題になってきますが、全女性からちょっと笑われたり敬遠されるよりはハゲを気にしない女性からモテる可能性にかけてみてはいかがでしょうか。これは多分私だけでなく多くの女性が感じていることです。ハゲを気にしすぎると余計にストレスになるので思い切って坊主にしましょう。

50代頃から抜け毛が気になってきた

昔は髪の量も多く美容室ではとても扱いやすい髪ですねと言われたものだが50才を過ぎた頃から抜け毛がとても気になり出してきました。診てもらった宇都宮市のAGAクリニックでは女性のではないかと。
私のはあきらかに加齢からきたものだと思います。
ブラシを入れれば必ずブラシに髪の毛が付いてくるしそれも半端じゃなく。部屋の中には知らない間に髪の毛がかなりの数で落ちている。ベランダをよく見てみればそこにも数十本は落ちてる。自分の髪がみるみる内に少なくなってきており、頭頂部などは地肌が透けて見えるようになってきました。

もちろんヘアケアはすぐ始めました。いつも行く美容室で悩みを話し抜け毛の対処法を教えてもらい実行していったのですけど。ただ高い育毛剤を進められただけのように感じます。シャンプーの後のマッサージもするようにしたんですけど、今はもうあきらめの心境です。それでも不思議なもので女性はホルモンの関係か男性みたいに禿げるという事はないのです。加齢によるものだったらこれ以上少しでも抜けないようにするだけです。

女性の髪の悩みの解消でかつらをつかう目的

私は浦和のクリニックでプロペシア治療をしているのですが、最近ではいわゆるウィッグと呼ばれているかつらを付ける女性が多く、周囲から若く見られるため髪の悩みがある時に解消できます。かつらは最適なサイズを選ばないと違和感がありますが、頭皮がかゆくなるなど悩みがあれば役に立つことがメリットです。女性は髪型を気にしやすく年齢とともに薄くなると抵抗を感じ、自分に自信を持って行動できるようにすると安心できます。

かつらは好みの髪型に合わせて選べますが、オーダーメイドにしてもらうとそれなりの費用がかかり悩むものです。女性は周囲から若く見られると自分に自信を持て、髪の悩みを解消できるように最適な方法を探すと役に立ちます。かつらは通販サイトなどでも販売されていますが、最適なサイズを決めないとズレて他人にバレて恥をかくため困るものです。

女性の髪の悩みの解消でかつらをつかう目的は若く見られるようにするためで、自分に自信を持てるようにすると効果的です。髪を増やす方法は育毛剤を使うと便利ですが、頭皮に影響を与えやすいとかつらを使うなど別の方法を考える必要があります。

薄毛を逆手にとって、髪型を変えたよ!

私は、50代後半から、埼玉のクリニックでプロペシア治療をしている友人と同じように、急に髪の毛の分け目あたりが薄くなってきました。若い頃は剛毛で髪の量も半端なく多かったのですが、髪にもこしがなくなり、随分髪の量も減ってきました。くせ毛も出るようになりました。真っ黒だった髪の色も白髪が目立つようになってきました。やはり、私も髪のトラブルで悩むようになりました。

 

このままでは、益々髪の分け目が薄くなると思い、思い切って美容師さんに相談してみました。美容師さんは、「それなら、分け目を作らないで、動きのある髪型に変えてみたら?」と言われ、私も思わず賛同し、思い切って髪型を変えることにしました。今までは、どちらかといえばボブスタイルでした。今度は、髪に段を入れて少し軽くしました。そして、髪の毛を染め、少し栗色にしました。

 

髪の毛が細くなって、ウエーブが出ていたので、髪全体にパーマをかけたような感じになりました。以前とはまるきり違った髪型です。これなら、洋服も少しラフな感じで行けそうです。大人のカジュアルな感じ、ジーパンにTシャツ、パンツにブラウス、なんかとても嬉しくなりました。
友人に出会った時、「以前より若く見えるよ」と言われました。髪のスタイルを変えて、気持も明るくなり、自分でも悩んでいたのが不思議なくらいです。

もてないのは薄毛のせいではありません

もてないのは薄毛のせいだ、とか、剥げているから女性に人気がない、と思っている男性はいないとは思いますが、もしそんな風に考えている人がいたら、その考えは間違っています。
女性は、男性が思っているよりもずっと、ハゲや薄毛に対しては寛容です。あの人はいい人だけれど禿げている、という風に考える女性は少数派。多くの女性は、剥げているけど素敵な人、という風に考えます。できればもう少しフサフサしていてほしいけれど、それほど気にならない、と考える人が大多数です。

 

もちろん、剥げている男性の中には、陰で女性陣から悪口を言われている人もいます。が、それは薄毛やハゲが原因ではなく、その男性の性格や態度、内面性に問題があるからです。無責任、偉そう、都合が悪くなったらすぐに逃げる等々、性格にも問題があると、「ハゲのくせに偉そう!」ということになり、ハゲや薄毛はさらなるマイナスポイントになります。
ハゲや薄毛に悩んでいる男性が育毛剤を使ったりして薄毛や抜け毛の対策をするのはよいことですが、
コンプレックスはほどほどにして、自分の内面に目を向けるのが一番です。